VSCodeでPythonのimportを自動的に追加する

Vandelay

VandelayというVSCode拡張をつかうとimportを自動的に追加することができる。

Vandelayはこちら

設定

プロジェクトのルートフォルダにvandelay-py.jsというファイルを作成する。

vandelay-py.js設定例

  • includePathsは検索対象のimportパッケージフォルダ
    • パッケージフォルダには __init__.pyファイルがないと検索してくれないので注意
  • excludePatternsは検索対象外のフォルダやファイルを正規表現などで指定する。

コマンド

VSCodeのコマンド実行(F1,Ctrl+Shift+P)で以下のコマンドを実行して使用する。

Cache Project Exports

プロジェクト内を検索してパッケージをリストアップする。
ファイルを編集した場合はこれを行わないとパッケージが認識されない。

Import

パッケージを検索して、importを挿入する。

Import active word

現在アクティブな単語に合致するパッケージを検索して、importを挿入する。

Import undefined variables

undefinedな変数を検索して、importを挿入する。

Fix Imports

すべての未定義クラス、メソッド、変数を解決するパッケージを検索して、importを挿入する。

Remove Unused Imports

使用されていないimportを削除する。
※(2019/05/24 現在は機能していない模様…)

 

 

LINEで送る
Pocket

タグ:

質問・感想はこちら

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »