VisualStudioCodeがReactNativeのデバッグ実行で重くなる

ReactNativeのexpoでTypeScriptを使っていて、VSCodeのデバッグ実行をすると重くなることがありました。(Mac)
デバッグ実行でWindowServerのプロセスがが100%近くに跳ね上がります。

原因はtsconfig.jconにlib:[“es6”]を追加していたこと。
“es6″を削除したら軽くなりました。

{
  "compilerOptions": {
    "allowSyntheticDefaultImports": true,
    "jsx": "react-native",
    "lib": [
      "dom",
      "esnext"
      // "es6" // 削除
    ],
}
LINEで送る
Pocket

タグ:

質問・感想はこちら

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »