データバインディング方法一覧

LINEで送る
Pocket

データバインディングの基本ルール

  • ”Name=”, “Path=”は省略可能。
  • Source プロパティは BindingContext プロパティよりも優先される。
  • BindingContext プロパティの設定は、ビジュアルツリーを介して子要素に継承される。
  • TwoWayバインディングの初期化は、まずソースからターゲットへ値が設定される。

XAML

BindingContextでバインド

x:Referenceは他の場所で宣言されているインスタンスを参照します。

Sourceでバインド

 

オブジェクト要素指定

 

マークアップ拡張

x:Reference

他の場所で宣言されているインスタンスを参照する。

x:Static

以下を参照する。

  • パブリック静的フィールド
  • パブリック静的プロパティ
  • パブリック定数フィールド
  • 列挙型メンバー

StaticResource

  • <ResourceDictionary>内から取得
  • <ResourceDictionary>省略可能。<ContentPage.Resources>内に暗黙的に定義される。

BindingContextの継承を利用したバインディング

親要素(StaticLayout)のBindingContextにuiSliderを設定することで、子要素(LabelとBoxView)にuiSliderのValueを適用しています。

 

LINEで送る
Pocket

質問・感想はこちら

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »